余計なことをしないこと

柴田です。

ホスピタリティーを磨く

その前にまずしなくてはならないのが、業務改善です。

**********
ホスピタリティー…
思いやり
心からのおもてなし
**********

これは、時間と心に余裕がないとできません。時間に追われ、切羽詰まる状況で心のこもったおもてなしをするのは難しいです。

時間の余裕を作るには、
余計なことをしないこと。
業務の中に、
それは本当に必要?
このタイミングでするのが効率的?
もっと良いやり方がありそう。
というものがないかどうかです。

業務改善でシンプルにし、効率化する事で時間の余裕を産みます。

簡単でシンプルな方が、人と共有しやすく、問題が起きた時に軌道修正しやすいです。

時間と心の余裕があれば、更なる気配り、心配りをする事ができます。

時間や業務に追われるのではなく、先回りするくらいになれたら素晴らしいですね。

リミエルの医院訪問、研修では、業務改善の提案を現場に寄り添いながら行います。

 

鬼👹も福も内 〜立春〜

①邪気を追い払い

②邪気を追い払い

③邪気を追い払い

(笑)(笑) (笑)

無病息災を願い

年の数だけ豆を食べましょう。

結構 食べますね💦

日本の文化

古くからの習わし

私は こういう事 大切にしています。

季節を感じる事は

感性も育ててくれます。

恵方巻きはほどほどに。

もうすぐ春ですね!

色々な準備を進めましょう。

とは言っても 明日からまた寒波。

ビタミンCもたくさんとっ予防しましょう。

 

li miel * letter

リ ミエルが、毎月発行する『 li miel * letter 』
医療機関で働く皆さんへの情報提供、美と健康をテーマにしたトピックス、輝く歯科女子さんの紹介など。

今月は「輝く歯科女子さんの紹介」第一弾を掲載しております。

li miel * letter を通して、リミエルの思いを更に深く知っていただき、多くの輝く女性の支援をしたいと考えています!
是非ご覧ください!

 

 

受付の予約管理

柴田です。

インフルエンザが猛威をふるっていますね。

訪問先の医院さんの予約状況を見てみると、体調不良やインフルエンザによる急なキャンセルがチラホラ…

そのようなキャンセルは止むを得ず仕方のない事なのですが、それにより貴重なDr.、衛生士の手が空き、チェアーが空いた状態に。

そうはさせまい!!と、キャンセルで空いてしまった時間を、リカバリーに努める受付さん✨患者さんメリットを考え、当日予定していた診療内容にプラス他の診療内容も一緒に行う提案をし、来院回数を減らす事を可能にします。または、近日中で予約のある方で、予約日の希望に添えなかった患者さんをピックアップし、予約変更のご提案をしたりと、方法は様々です。

患者さんへの提案の手配、Dr.、アシスタント、DHとの連携も必須な為、受付が指示を出します。

キャンセル→仕方がない で終わるのではなく、ではどうする?まで展開させるのが理想ですね!

リカバリーも含めた【予約管理】は、医院経営に直結しており、受付の大切な役割です。

真剣な臨床 症例検討会

「なかなか出血がおさまらない」

「どうしたら伝わるのか?」

「ようやく磨けるようになった」

月に一度の訪問日に症例検討をしながら

真剣に学んでいます。

派手な印象を持たれがちですが

このチームの強みは

真剣に医療をしていることです。

最初はただの相談から始まり

「人の行動変容を求めるなら

感情だけでなく揺るぎないデータが必要だよ!」

ということに本気で取り組み

写真、検査数値の蓄積を目指しています。

私の訪問のうちの1時間を衛生士さんとの時間にしています。

 

みんなが真剣に考え スタッフさん同士が意見交換を行い

チームとして患者さんに寄り添い、

「本気で治す!本気で自立させる!」

これをスローガンに取り組んでいます。

検査結果から何を読み解くのか?

どう伝えるのか?

悩み苦しみながら

成長していく姿はとても清く美しいですね。

臨床に即した研修

これが li mil(リミエル)のこだわりです。

自然に出てくる

「来月までまた頑張ります!」この言葉。

課題は与えるものではなく 自分で見いだすもの。

素晴らしい文化ができつつあります。

 

迎える準備

柴田です。

手元に新しい名刺が届きました✨

改めて、リミエルとしてはじまるワクワク感と、気が引き締まる思いです。

そしてそして!!
仲間を増やしたい✨✨✨✨
リミエル スタッフとして共に歩める仲間が欲しい✨✨

素敵な仲間との出会いに備え、
*リミエル マニュアル*
の作成に本腰を入れます!!

ですがなんとなく、作り手の想い的には「マニュアル」という表現に少し違和感が…🤔

リミエルの仕事は、
一連の動きで行うお仕事ではなく、
クライアント様の想いや目指すもの、
出会うスタッフさんの特性も様々。

いろんな状況に合わせて、研修や指導方法をカスタマイズしていきます。

私たちの大切にしているものや、これまでの経験で学んだ事、新たな気づきをすぐにシェアし、チャレンジし、進化してきました。(自画自賛になってしまっていますが…💦)

ただ、新しいスタッフさんに安心して共にお仕事していただけるよう、準備は必要です!

素敵な出会いを願って…🍀

問題のマニュアルにかわるネーミングは…
*リミエル BOOK*…?
*リミエル Style*…?

もう少し考えてみます(o^^o)

見学者を見る目

・後ろ手に組む

・まっすぐしっかり立たない

( ※ 写真はli mielモデルです。)

「聞いてください!!

 就職しようとしている医院の見学中に

 こんな受け身の姿勢ではダメ!!

  見物じゃないんだから!!!と思うんです。」

今日 伺った医院さんでのことです。

たまたま 今日は就職希望の方の見学がありました。

私は 診療中 忙しい先生やチーフの方に代わって

少しお話ししました。

お話しの中でも「不一致かな」と思いましたが・・

こちらの医院のスタッフさんは

お話ししてないのに

完全にダメ出し!!

姿勢を見たのです。

開業時から関わらせていただいた医院さんです。

スタッフさんのプロ意識 社会人としてのマナー

成長されました。

自分たちの職場の風土を自分たちで築こうとしている姿は素敵でした。

最初は「受け身」であっても

教えてあげればいいのです。変われる人もいますから。

【心意気】は大事にしたいという 自分のクリニックと院長先生やスタッフさん同士の愛情を感じました。

後ろ手も前手もいけませんね。ナチュラルに手を下ろしておくのが良いと思います。

食の自律 〜若林歯科さま〜

今日は 愛知県豊田市の若林歯科様への訪問でした。

医院に伺うと スタッフルームから良い香りがしています。

するとスタッフさんがエプロン姿でお料理をしていらっしゃいます。

「鷲見さん おはようございます。

今日は 私がみんなにお昼ご飯を作るんです!!

ぜひ 鷲見さんも召し上がってください。鷲見さんのいらっしゃる日にしたんです!!鷲見さんの「従業員さんの食育」のブログも読みました!」と完璧な挨拶まで。

「すごい デザートまで・・。」

りんご🍎のコンポートですって!本格的✨✨

時間にもこだわって 2時間で作ると決めてありコスト管理も完璧にされていました。

若林歯科さんでは 以前から栄養のセミナーを取り入れられたり mielでもまかない料理を一緒に作らせていただいたこともあります。

しかし 今回は スタッフさんが自ら 自医院のスタッフさんの食事を作る、

食育って素晴らしいと誰もが思うけど現場に落とし込むのが難しい。

だからこそ 今日のこの賄い料理は大きな成果なのです。

その料理は 新鮮はお野菜をふんだんに使い、ゴミの量までコントロールされていました。根菜類は皮ごと調理されていました。

体に優しく、温かく おいしものをみんなでいただける幸せは格別です。

 

彼女は なんとなんと 自分の休みを利用して振る舞ったそうです。

まずもって こんな料理ができてしまう、医院の環境が素晴らしいですね。

さらにこの裏には先輩スタッフの演出がありました。

お料理上手で ちょっぴりシャイなスタッフさんが

みんなに喜ばれる、医院に貢献する、輝くステージをアシストする姿。

人を輝かせることができる人

素晴らしい先輩がいる、これがまた組織力です。

単に 「食育」という域を超えた

これぞ まさに 【 自 律 】した姿を見ました。

何よりも  美味しかった🍀

ルールとモラル。

有給を取るのは権利

取り方はモラル

「普通 そこで申請しないでしょ・・」

「でも ルールに則っていますから。」

チーン💦💦💦

退職の仕方とか、

言葉使い

最近の子は・・

こんな感情ありませんか?

私の地域コミュニティーでもあります。

「普通、先に帰らないでしょ。」

「普通は率先して動くでしょ。」

この普通というのが難しい。

なんとも思わない人もいれば

すごく気になる人もいる。

規則はきちんと決まっている。

では それを守っていれば良いのか。

あとは うまくいくかどうか。

好意的に捉えらえれるかどうか。

「好意的ってなんですか?誰にとってですか?」

みたいな鬩ぎ合い。

状況を見て

周りに与える影響も感じ取って

大多数に認めてもらえるよな行動を・・

これって就業規則には難しすぎて記せません。

先輩から受け継いでいけると良いですよね。

「会社の風土」

就業規則の読み合わせの時にこの部分までとことん

話し込んだり みんなでディスカッションして

風土を築くのも良いかもしれません。

私たちli mielはそんな言葉にし辛いことを

言葉にするお手伝いをしています。

 

緩んだ身体をリセット

年末年始の暴飲暴食で

緩んでしまった身体を

少しだけ 絞ってから 本格始動。

デトックス💦

デトックス💦

カフェイン抜いて

週末ファスティングの準備。

シャバーニが結構良い事教えてくれるんです⤴︎。

自分の身体の管理 コントロールは

責務ですよね。

休み明けのスタート次第で

休みの価値が決まりますね。

少しだけ 頑張ります。